トップ

デイトナが動かなくなった

デイトナが故障してしまったら

デイトナが動かなくなったら

ロレックスのデイトナは時計が好きな方であれば、誰もが一度は手にしたいと思う人気モデルでしょう。生産数が少なく入手が困難ということが心をくすぐるだけでなく、機能やデザインが最先端であること、そしてロレックスの中でもクロノグラフとタキメーターが装備された唯一のモデルであることが、デイトナをロレックスの王様と言わしめる理由ではないでしょうか。

さらにデイトナは、高性能であるとともにとても精密な時計でもあります。ですから、デイトナの持つ性能を保つためには、定期的なメンテナンスは必須といえるでしょう。ただ、機械である以上、どれだけメンテナンスをしていても故障しないという保証はありません。ですから、もし故障したらということは、いつも考えておく必要があるのではないでしょうか。今、ロレックスの修理ならここに任せるという所は見つけておられますか?

・メンテナンスとはどんなことをするのか?

デイトナのメンテナンスには大きく分けて2つあります。

・オーバーホール
・タイミング調整

オーバーホールとは、デイトナを良いコンディションに保つための定期メンテナンスです。デイトナのような精密な機械式時計は歯車がかみ合って時を刻んでいます。そしてこの歯車を支える軸には磨耗を防ぐためにオイルが注されています。このオイルが無くなってしまうと、動きが悪くなるだけではなく、軸や歯車の磨耗が起こってきます。このようなことを防ぐために、デイトナは数年ごとに分解、注油を行うためのオーバーホールが必要になります。

タイミング調整とは、オーバーホールまでのメンテナンスではない簡易的なメンテナンスのことです。分解、注油などは行わず、動作の精度だけを調節します。このメンテナンスを行うことで現在よりも時を刻む精度を高めます。

オーバーホールは、3年から5年に1度行うことがロレックスでは推奨されています。

Copyright © デイトナが故障してしまったら. All rights reserved.