経理代行をしてみませんか?

低価格で正確な処理を求めることが出来ます!

経理代行サービスを利用するメリットとデメリットはなに

経理代行サービスについての概要

経理代行と言いますのは 会社組織の経理に関する業務を請け負うという、言ってみれば経理のアウトソーシングサービスといえます。
個人事業者や開業間もない法人では、従業員や、会社の経営者自身が兼務し経理を務めることもあります。
しかしながら経理の知識を持ち合わせていない人がわずらわしい経理に関する業務を行おうとすれば、時間的、メンタル的にも負担となり本来業務にも悪影響を及ぼすこともあり得ます。
加えて、経理担当者がいても、ミスや不正行為の恐れがある等の不安もあります。
経理代行サービスに関しては、担当者の社員にかかる費用よりも安い金額で、手間が掛かる経理に関する業務の一部若しくは全てを請け負います。

経理代行を活用することで人件費削減が可能

経理代行サービスを活用するメリットとしまして、従業員にかかる費用削減があります。
なんといっても、担当者を雇い入れる面での賃金が不要です。
人間をひとり雇い入れることには、在職の間の賃金を支払うこと、人事労務管理が求められることやしっかりした福利厚生を実行することなどいろいろな責務がつきまといます。
以上のような、数々の責任からも自由になれる点はメリットと言えます。

経理の専門家に委任でき本来業務に集中できます

経理のスペシャリストによる迅速かつ要点をとらえた作業を依頼できます。
自分の会社の経理に関する業務を経理の専門家へ委ねられます。
速さと確実性の両立という、望ましい作業を望めます。
それに加えて、盛んに為される法改正へのスピーディーな対応や、プロフェショナルの目線からの経理上の助言などもアピールポイントです。
そして、本来業務へ傾注できることもメリットです。
経理に対してキャリアや専門的な知識のない人が経理に関する業務を兼任することは、本来の会社の業務に全力を尽くす上で妨げになります。
経理代行サービスを活用することにより、わずらわしい経理に関する業務に大切な時間を割くことが必要なくなります。
経理代行を活用するデメリットとしまして、社員育成ができない点があります。
会社組織がある程度のスケールの場合、従業員をゼロから育てて一人前の働き手とするという考え方もあります。
しかしながら経理代行を活用するというようなケースで、経理に関する業務のテクニックが会社内で生かされることなどありません。
従って、社員にとりましての業務上の専門的な知識習得、あるいはキャリア向上には結び付きません。
更に、代行業者を活用する場合、専門業者へ書類を送る必要性が生じます。
そのタイミングで、仮に送付先間違い、あるいは紛失が起こってしまうと、従業員や社内情報が漏れるリスクがあります。

人気記事ランキング